En el jardín

自然派菓子工房ハルディンの日々。

カテゴリ:  イベント情報

2月18日、益子でひらかれた、
藍百姓・松由拓大さん主催の
‐藍の種茶会‐ にて
デザートを提供させていただきました。

16931018_1812772262320905_106389344_o


 

藍を熱く愛する男・松由さんの指揮のもと
参加者の皆様は種を唐箕(とうみ)にかけ、
もみ殻を外して、種を炒り…
と室内と外を行ったり来たりしながら
とても楽しそう作業をしていた姿が印象的でした!

詳しい作業の様子はFBの松由さんの投稿にてご覧ください♪→



賑やかな声と、スコーンの焼ける良い香り、
山崎農園さんの野菜たっぷりの
スープがお鍋の中でコトコトいう音、

そんな中でキッチンに立てて
私はすごく幸せな気持ちになりました♡



ハルディン店主は以前から松由さんに
藍の食用についてご相談をお受けしていて、
今回藍の種を使ったお菓子と
藍の種茶に合うお菓子をご用意させていただきました。


『藍をもっと多くの人に身近に感じてほしい!』


という松由さんの情熱にお応えして
今回はどこでも、誰でも気軽に食べられる
クッキーという形でご提案させていただきました。


提供させていただいたお菓子は

*藍の種ポルボロン
*甘酒カスタード 柚子風味
*ココアクランベリーケーキ

P2180790


特に『藍の種入りポルボロン』はとても好評で、
口の中で崩れてしまう前に3回「ポルボロン」と唱える事が出来れば
幸せが訪れると言われているそのエピソードとともに
楽しんでいただけた印象でした。



植物性材料だけのお菓子が
初めての方が多いご様子でしたが
美味しい!の言葉をたくさ~んいただけて
嬉しく思いました(*^^*)



この日は日下田藍染工房で修行されていた
星野智子さんの作品も展示されており、
手紬手織りあたたかさと、
上品さを感じる作品達に触れることもできました。




P2180922


 

智子さんのお話から伝わる、
織に対するまっすぐな姿勢
一つのものをひたむきに向き合い自分を高める姿は、
私が尊敬する農家さんや製菓職人さんたちと
全く一緒だなぁと思いました。



16832985_626330434241710_1087414763_o


 

そこにいたるまでのお話を聞くと、
職人さんは本当にすごい!
と改めて感じさせていただきました。


そんな情熱溢れる方々と、
楽しみ上手な参加者の皆様と一緒に
ハルディンも参加させていただき嬉しく思います。


寒い中お越しいただいた参加者の皆様、
お誘いいただいた松由さんとスタッフの皆様、
楽しい時間をありがとうございました♪


 


先週は最後の大日向マルシェでした!
最後は天気も良くお客様も多くてとてもいい雰囲気でした~。

環境に負担をかけない農産物とその加工品を選ぶことは
自分達の住む地域の自然環境を守ること。

自分たちの見えるところで、できることで、
未来につながる豊かなくらしを作っていく。

そんな思いをもった農家さんや、作り手さん。

サポートをしてくださる方々が一つ一つ築いてきたマルシェです。



私も自分の暮らす地域の環境も、社会のありかたも、

そして自分のライフスタイルも、

自分で選んでいこうと決めて、お菓子工房を始めました。



6月に初めて出店してから何度もお世話になり

出店者の方からも、お客様からも、

沢山の元気と、優しい笑顔をいただき、

色んな勉強をさせていただきました。


元気がないときも、行って誰かと話していると元気になります。



とっても居心地がよくて、楽しさとにぎやかさと、

ゆったりとした空気が共存している不思議な場所です。


来年も5月から11月までの毎月第二、第四土曜日。

9時~12時半まで開催しています。

来年もどうぞ遊びにいらしてください(*^-^*)♪





10月はイベント出店の合間をぬって
ハルディン主催のアフタヌーンティ会も催させていただきました!

きっかけはタンボロッジさんで今年開かれた
米粉スイーツ教室での楽しいおしゃべり。

アフタヌーンティーがしたい!という話がでたことでした。



その言葉を聞いた途端、
私の中でイメージ(妄想)が止まらなくなり

オーガニック食材を使ったお菓子を囲む
楽しいお茶会を開こう!と思いたちました。



さて、どんなアフタヌーンティーにしようと考えて、
工房を始めてからの半年のことを振り返り、

菓子工房を始めたことで改めて知った
自然に育った食材のおいしさ。

発酵や、加工、組み合わせ方などによって
一味も二味も変わる調理の面白さ。

お菓子を囲んでみんなで過ごす時間大切さ。

そんなことを皆様と共有できる場になればいいなと思い
今回のお茶会ではイギリス式アフタヌーンティにのっとって、
素朴でシンプルな焼き菓子をご用意させていただきました。


シンプルとはいえど、
無農薬・自然栽培の材料を使い、
その多くは素材そのままを仕入れて自家加工。

ベーキングパウダーや重曹などの膨張剤も使わない
天然酵母を使った焼き菓子や米粉のパンは
手間も時間もかかる上、仕上がり方も様々で
普段の出店では出せないものもあります。

このアフタヌーンティーだからこそお出しできたものもあり、
自分自身、普段とは違った学びの場となったお茶会でした。


○Sandwich○

14753490_1154085508004547_317729717873667881_o[1]



*かぼちゃのフムスのハーブオープンサンド
  自家栽培のナスタチウムとパイナップルセージ、
  自然栽培のかぼちゃとアサクラさんのチェチのフムス、
  一緒に焼き込んだローズマリーの香りが漂う天然酵母のじゃがいも米粉パン。

*蓮根のトマト煮の古代小麦の全粒粉パン
  蓮根と小鮒農園さんの落花生のトマト煮
  古代小麦全粒粉のパン(古代小麦もアサクラさんのもの)



自家製粉した自然栽培の米粉を使ったパンは
ずっと改良に改良を重ねてきましたが、
今回が一番いい出来でした。
(これが一番心配だった。)

米粉パンといえば白神こだま酵母。
それほど発酵力が強くないうちの天然酵母では
なかなかいいものが作れなかったのですが、
今の形に落ち着きそうです。
あとはどれだけ完成度を高められるかです(`・ω・´)


○Scone○

14711634_1154085571337874_6924657084269809215_o[1]


*山クルミの全粒粉スコーン
*カレンズの米粉スコーン
*チョコチップワッフル
        山ブドウのジャムを添えて

山ブドウのジャムは写真を撮り忘れてしまったのですが、
これがとても好評でした。
ジャムは自家製米飴と、少量の伝統製法の有機黒糖をいれて
コクのある山ブドウの味にさらに濃厚さを加えてあります。


○Cake
14692124_1154085661337865_2906158304613910094_o11222104_1154085874671177_8627261360577683440_o[1]

*米粉の山栗ケーキ(お誕生日使用)
*自然栽培梨のパイ

誕生日が近い方が二人もいらっしたので、
みんなでお祝いをしました!
とても喜んでいただき良かったです(*^^* )
贅沢に全体に使用した栗の味がよくわかるように
甘さ控えめの米粉のケーキです。


最後に梨のパイ。
天然酵母でオイル控えめのサクサク生地にしたパイと
自然栽培の梨のコンポート
有機バニラビーンズを使った軽めのカスタード
最後ということもあって、ミントを添えてさっぱりと。

販売をしていてもパイは非常に好評なのですが、
これもとても好評でした。


○Tea
*桜野園 お天道さんの紅(自然栽培和紅茶)
*みやざき有機紅茶(有機栽培和紅茶)
*フレッシュハーブティ

紅は香りが高く和紅茶らしい柔らかな味わい。
ナチュラルフード森の扉さんで購入しましたが、
これは私好み!皆さんからもとても好評でした。
このシリーズはまだあと二つあるので要チェックですね。

有機紅茶は風味の濃いしっかりとした味わい。
うちの母はこちらのほうが好きだそうです。
味わいがあって、しっかりした味のケーキにはこちらのほうがよさそうです。

ハーブティーは自家栽培の
レモングラス、レモンバーベナ、アップルミントで
さわやかなブレンドにしました。






初回らしいばたばたっぷりで反省点も多々ありましたが、
皆さんが笑顔でお茶会を楽しんでいる様子にとても癒されつつ、
お菓子とお茶のサーブをさせていただきました。
お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました(*´∨`*)✿

ありがたいご感想も沢山いただき
次はさらにおいしくて楽しいお茶の時間になるように
頑張っていこうと思います!

















いよいよ秋も深まり晩秋の気配が漂ってき他今日この頃。
皆さんいかがお過ごしでしょうか。

私は忙しかた10月も終わり
ちょっとゆっくりペースでお仕事をしております。

11月のイベント出店は二件。

ひとつは11月13日は茂木町でひらかれる
《森と里のつながるマルシェ》さん。

http://morimaru2014.hatenablog.com/




10553327_280584182131305_6655197010331502449_n[1]



私も何度か足を運んだことのある森里マルシェ。

町の中心にある小さな神社で行われる、
家族でほっこり楽しめる素敵なマルシェです。



さりげなく、貴重なものがお値打ち価格で売られていたりします。

去年は小麦粒を買って麦芽を作りましたが、
麦芽から作る米飴は一味も二味も違いました。

今年はどんな出会いがあるのか今から楽しみです。


今回はスケジュール的に余裕もあるので今年の集大成ということで、...

◎自家製粉の米粉のシリーズ
 (クッキー、マフィン、タルト、ケーキなど)



IMG_1338

IMG_1373



◎国産の良質な有機小麦を使った天然酵母のお菓子のシリーズ
 (パイ、ケーキ、クラッカーなど)


IMG_1479

どちらも張り切って準備していきたいと思います。

もう半月前のこととなりましたが、
10月16日は宇都宮のとちぎの縁日に出店させていただきました!
http://www.tochiginoennichi.org/


ennichi_main_0101[1]

『とちぎの縁日2016“MEET THE ORGANIC”

あなたにとってオーガニックとはなんですか?

自分のそしてみんなのオーガニックを「さがし、みつけ、つながる」とちぎの縁日。 有機的なご縁を広げることで子どもたちが成人する20年後も笑顔あふれる心地よい暮らしがあることを願います。』(HPより)



お日柄も良く活気あふれる素敵なマルシェでした(*^^*)


今回は繊細な色合いのグレープフルーツのタルトや、...
鮮やかな山ブドウのパイなど彩の豊かなお菓子も多く
「かわいい~!」「綺麗!」
といったお声をかけていただくことも多かったです。


「この前もいただいて美味しかったです。」
という嬉しい言葉をかけてくださるお客様も。


自家製米飴や材料に関する質問も多く、
皆さんオーガニックな食にとても関心が深いのだと感じました。



去年にまして圧巻の出店者数、あふれる活気。
これだけの多種多様なオーガニックなお店が一同に集う機会はそうそうないでしょう。
ふだんは会えないようなお店のかたも多く、私も合間をぬってはお店を回って楽しんでしまいました。


これだけのイベントを催すことはさぞかし大変なことだろうと思いますが、
スタッフの方の笑顔での対応も素晴らしく、これからもますます盛り上がっていくことと思いました。



ハルディンにとってのオーガニックとは、
自然と人、すべてのゆるやかなつながりの中にある本質的なもの。

家族、友人、仲間たちと囲む、美味しいごはんや楽しいお茶の時間。
何でもないけど、かけがえのない大切な毎日。

そんな今も昔も当たり前にあった暮らしが私たちの子供のずっと先まで続いていきますように。

日々私たちが選ぶものが誰かの幸せな未来を作っていくものでありますように。


そんな願いをこめて、ハルディンでは環境保全型農業で作られた食材を丁寧に扱い、
環境にも人にも優しいお菓子作りを心掛けています。

そんな思いもあって、今回準備期間は短かったのですが、
一つ一つ材料を吟味してハルディンでお出しできる最もいいものでお菓子を作らせていただきました。



透き通った青空と、あふれる太陽の光。
出店者の方々の思いのこもった素敵な手作りの品々。

老若男女でにぎわう活気あふれる様子は、
本当の意味でオーガニックが当たり前になる日。
それはそんなに遠くない未来のことなのかなと思えた日でした。

↑このページのトップヘ