食生活を変えようと思った時一番最初に感じるのは
たくさんある選択肢のなかで
「一体どれが一番いいの?」
ということじゃないでしょうか。


私も自然食を始めたころは
どんな食材がいいのかわからず、
色々なオーガニック系の食材を買いました。

好奇心が強い私にとっては
オーガニックもベジ料理も
新たな領域へのチャレンジで、
楽しんで色々なものを買いました。

そのうち、体に入った時に
心地いい感じのものと、そうでないもの
体調が悪くなってしまうものがはっきりしだしました。

この違いはなんなのだろう?
と不思議に思うくらいはっきりと。

この理由が分かるようになれば、
私は自由に生きることができる道具を一つ
手に入れられるに違いない、と思いました。

それが今にいたる食の探求心の原点です。



今でも何か新しい食材に出会ったら
どういう風に育てられているのだろう?
どういう加工をされているのだろう?
と最初に考えますし

食べて心地いい素材に出会ったら
その秘密を知りたいと思うのは
私にとっては当たり前のことで
これを作ってる人売ってる人はどんな人なのだろう?
とそこまで知りたくなっちゃいます。
(きっと楽しい人たちに違いない!なんて)



素材の加工や管理のことを考えられるようになったきっかけは
2年前、朝倉玲子さんの講習会を受けたことでした。

アサクラさんのオルチョサンニータは
3年前の一番大変な時期でも大丈夫で
イタリアン好きで大のオリーブオイル党の私としては
おおげさでなく心の支えみたいなものでした。

過敏症になってから色々ありましたが、
さすがにお米も食べられなくなったときは
ちょっとまずいなーと思いました。笑
 
でもそう長くは続かずに良くなっていくことだとは
なんとなく予想していたのですけどね。


IMG_3175



2年前初めて講習会を受けたとき、
はじめてお会いした朝倉さんは思った通りの方で
安全で美味しい本物のイタリア食材を
日本に届けようとする情熱にあふれるていました。

その時に加工や保管方法で食材に
色々な影響を与えるということを初めて意識しました。

言われてみれば現代の食卓をいろどる『食材』が
ここに届くまでの道のりには、昔とは違うことが沢山あります。

そのすべてが駄目だということではないけれど、
違いをちゃんと知った上で、
自分の考えや感覚でチョイスすることは
本当に大切なことだと今も実感し続けています。
 

感覚は人によって本当に違うものだし、
正解もまた人それぞれ。
自分の感覚もまた変わっていっているので、
違って当然のことだと思っています。

だからこそ自分にとってなにが一番いいのか
わかるようになるのは難しいことですよね。

有難いことに私の周りには
食に対する情熱や
素晴らしい感性を持った方がたくさんいて、
そういう人の考え方や生き方から
色々なことを学ぶ機会が多いです。

そういう他の人の気持ちをしりたくて、
私も自分の考えたことや感じたこと
勉強したことを
周りの人とシェアすることを大切にしています。

そうするとまた人から反応があって
新たな発見が生まれます。

表面的には良いことも、悪いこともあるけれど、
そうすることが一人で工房を営む私にとっては
成長につながる一番の原動力になっています。

だからそういう考えられる『場』にいくことは
大変ですけど、大切にしていることです。



こういうことには近道はなくて 
自分の感覚と、人の気持ち
その両方をくり返し
じっくり味わいながらだんだんと
本当の意味で自由に選べるように
なっていくのではないかなぁと

自然食をはじめてあと少しで四年。
そんな気持ちで学びの過ごしています。



今回改めて学びを深めようと思って、
会津若松にある朝倉さんのキッチンスタジオ。
『クチーナ』で講習会を受けました。

朝倉さんのお話を伺うたびに、
私たちの食卓を作るものの一つ一つに
作る人、届ける人の思いがあふれているのだなぁと実感します。

改めて受講して座学でも、調理でも
勉強になることが沢山で色々なお土産をもらって帰ってきました。

個性豊かなオリーブオイルの味比べ、
多彩な食材と調理方法との組み合わせ 
新しい発見とおいしさを教えてくれる素晴らしい教室でした。

コンプレートは全4回。
次回も楽しみです♬