IMG_3146

うちの米粉のクッキー。
自家製酵母の発酵種を
混ぜてることもあって、
ほとんどの生地は
一晩寝かせてから焼き上げます。

なので成形するとき
生地はすごく冷たいのです。
そういうこともあって、
真冬はほとんど作ることもなく、
本日2カ月ぶりの再開です。

去年一番作ったものなので
レシピはほぼ固まっているのですが、
より多くの方に届けられるように、
パッケージ、工程、
素材の選定などなど
ただ今調整中です…。

写真は和紅茶とヘーゼルナッツのクッキー。

私には子供の時から大切な
クッキーのレシピが二つあって、
ひとつはシンプルな配合の型抜きクッキー。
一番最初に作ったお菓子です。

もう一つはアイスボックスクッキー。
有名な菓子研究家の方のレシピでした。

中学生のバレンタインには
友人と先生30人ぐらいに
手作りのチョコとクッキーを
詰め合わせて送りました。

アイスボックスクッキー二種と
アイシングクッキー一種。
アマンドショコラに、
葉っぱの形のチョコレート。

職員室で評判になっていて、
贈っていない先生から催促された思い出の品。笑

大学生の時、母からの荷物に入っていたのも
同じレシピのクッキーでした。

そんなわけでクッキーづくりが好きすぎて、
久々に作ったら幸せな気持ちになって
うれし泣きをしそうになりました。
早く本格的に作りたいなぁ。

普通のお菓子を作るときと違って、
自然ままの素材は均一でないものです。

自家製粉の米粉や
手作り米飴を使ったお菓子は
同じように作っても、
いつも同じ結果になるわけではありません。
特にクッキーは水分がわずかしか入らないので
とても敏感です。

自然な素材はそういうもので、
日々材料に向き合いながら、
いつも新鮮な味わいがあるのだけれど、
いつも同じようにちゃんと美味しい。
そういう風にできたらいいなと思ってます。

お茶の時間に合うように作っているので、
優しい甘さながら味わいはしっかりと。
意外と男性にも好評です。

うちの米粉はやや粗びきなので、
じっくり噛んでお召し上がりください。